本文へスキップ

ぐるっとZAOは、東北の名峰・蔵王連峰に接する宮城県と山形県の6市町から、蔵王の情報を発信するサイトです。 

おいしいものガイドgrumet guide

宮城県のおいいしいものたくさん

 山形県のおいしいものはこちら

蔵王町のグルメ

「蔵王チーズ」
 蔵王山麓七日原高原の緑に囲まれた広大な牧場で、のびのび育った牛の良質なミルクを、丹精に時間と手間をかけて製造した乳製品は絶品。種類も豊富なので、お土産にも最適です。
「スィーツ」
 蔵王山麓で育った、素材から美味しいミルク・たまご・フルーツ等を使用したスィーツは、全国にも多くのファンを持っています。お店ごとに個性のあるソフトクリームなどを食べながら、遠刈田温泉街をぶらり街歩きするのもオススメ。
「桃」
 7月下旬から9月上旬に楽しめ、遠刈田温泉に向かう県道沿いには、多くの直売店があります。
「ブルーベリー」
 7月上旬から8月中旬かけ、多くの方が農園でブルーベリー狩りを楽しみます。
「梨」
 9月上旬から遅くは11月上旬まで、果樹農家が1つ1つ大切に育てた、もぎたてでみずみずしい新鮮な梨をお楽しみいただけます。また、梨狩りを体験できる農園もありますので、お気軽にお問い合わせください。
「りんご」
 9月上旬から12月下旬まで、町内の直売所などで販売されています。主な品種は『ふじ』ですが、近年、希少価値の高い黄色いりんごの『はるか』が生産されています。『はるか』は果肉が硬く密入がよく糖度も高いことから、ブランド品として販売されていますので、是非ご賞味ください。
「蔵王爽清牛」
 資源循環型ブランド牛です。余分な脂肪分が少なく、体にも地球にもやさしいお肉です。
「手作り豆腐」
 遠刈田地区では製造・販売しているお店があり、午後には品切れになってしまうほどの大盛況です。薬味や醤油など味付けなしで食べると、大豆の甘味と香りがより堪能できます。また、油揚げや厚揚げなどはお土産用としても好評です。
「手打ちそば」
 手打ちを味わえるお店が多数あります。蔵王の清涼な空気の下で味わう、コシと香りが強い手打ちそばの美味しさは◎(二重丸)。町内には『知る人ぞ知るこだわりのお店』もあります。
「手作りのソーセージ」
 地元蔵王産の豚を使用した上質で良質なオリジナルソーセージを味わうことができるお店があります。本場ドイツで開催された2004国際食肉見本市で金賞を受賞された実績があるほどの本物の製法で作られています。
 蔵王町おすすめのグルメはこちらから


川崎町のグルメ

 寒暖差と蔵王の水が育てる川崎米は、甘みがあり格別な味わい。「ひとめぼれ」「まなむすめ」など約3,620tほど(平成24年度)が生産され、仙南米として出荷されています。川崎特産センターでは「川崎米」が販売されていて、毎年10月に「新米まつり」が行われています(開催日は川崎特産センターにお問い合わせください)。

豚肉と味噌がベースの芋煮
仙台風芋煮は、豚肉と野菜などを多めに入れるのが基本。豚肉の臭みを消すため、生姜を入れたり、よく煮込んでアクを取り続けるのがポイント。味噌は後から入れるとよりおいしく仕上がります。仙台風は旬の野菜や油麩を入れたり、キノコを入れたりと、地域や家庭ごとにバリエーションがあるようです。

「川崎こんにゃく」と、「かわさきあそび 2015年 春号」の特別企画で誕生した「こんにゃくと牛肉のカレー」。
こんにゃく、牛肉、ごぼう、たまねぎが入った、食感も楽しいカレーです。
 ご家庭でも簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてください。川崎町おすすめのグルメはこちらから



七ヶ宿町のグルメ

「七ヶ宿そば街道」
 七ヶ宿町は、江戸時代に伊達家にそばを献上していたとされています。参勤交代で通られた山中七ヶ宿街道は、別名「七ヶ宿そば街道」と言われ、名産品として、古文書「奥羽観迹聞老志」にも記録が残されています。古くから伝わるそばを、国道113号沿いのそば屋5店が、各店こだわりのそばを提供しています。七ヶ宿町ならではのそばのおいしさに出会ってみませんか?




「七ヶ宿ダム湖カレー」
 七ヶ宿ダムは「中央コア型ロックフィルダム」という独特の形をしており、中央に盛られたライスはダムの堤体を表しています。地元の食材をふんだんに取り入れており、四季それぞれの旬の味わいが楽しめます。七ヶ宿ダムカレーは道の駅七ヶ宿レストラン内でお召し上がりいただけます。





「旬の市定食」
 七ヶ宿源流の恵みによって育てられた米や野菜が生産者より「旬の市七ヶ宿」に集められ、また、それらを使い定番のメニュー「旬の市定食」は作られます。もち米の良い香りがする炊き込みご飯は、男性も満足できるボリューム。野菜の煮物は、優しい味わいで次々と箸が進みます。野菜の鮮度を感じるシャキシャキの漬物。山菜とネギがアクセントの温かいおそば。この定食は、とても優しい愛情のこもった地元ならではの「おふくろの味」です。地元の食材を地元の人が調理した、肩の凝らない料理が「売り」です。





白石市のグルメ

「うーめん」

 白石を代表する郷土の味覚「白石温麺(しろいしうーめん)」は、油を使わず、小麦粉と塩水で作られるので舌触りがよく消化に優れています。栄養価が高く胃にやさしい食品として好評を得ています。








「らーめん」
 うーめんに続き定評のある「らーめん」。昔なつかし「中華そば」をはじめ、メニューもいろいろ。各お店でおたのしみいただけます。

「お食事処」
 白石グルメはボリューム満点でリーズナブル。蔵王連峰の自然の恵みを活かした新鮮素材の美味しいお料理を各店でおたのしみいただけます。
 白石市のおすすめのグルメはこちらから



 山形県のおいしいものはこちら









お問い合わせはこちらへ

〒990-8540
山形県山形市旅籠町2-3-25
山形市観光物産課内
ZAO広域振興協議会 事務局

TEL 023-641-1212 (内線426)